スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

自転車

自転車がパンクかどうかわからない?虫ゴム交換と自宅で確認する方法

投稿日:2017年7月4日 更新日:

通勤や通学で自転車を使っている方も多いはず。

そんな自転車がパンクした場合、皆さんはどうしますか?

ここでは、自転車がパンクかどうかわからない場合と虫ゴムの交換方法とパンクを自宅で確認する方法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

自転車がパンクしているかどうかわからない場合は?

ひと昔のおじいちゃんの世代はパンク修理は自分でされていたそうです。

ですが近年ほとんどの方は自転車のパンク修理は出来ませんので、近くの自転車店に修理に持って行かれると思います。

元自転車店で勤務していた私から言わせていただくと、実は自転車のパンクはチューブに穴が開いていないことも多く自分で修理できる場合もあります。

近年、自転車店も高齢化が進み自転車店も少なくなり、パンクの修理代も徐々に高額になってきています。

できればあまり修理代にお金をかけたくないですよね。

次の章では、自分で修理かどうか確認できる方法とここまでしてみてダメだった場合はパンクの可能性が高い目安をご紹介します。

自転車のパンクはまず虫ゴムを確認してください

まず、一番初めに確認していただきたい場所は虫ゴムです。

虫ゴムって何?と思う方も多いはずです。

虫ゴムとは自転車の空気を入れるバルブの中に入っている部品です。

↓ ↓ ↓

虫ゴムは棒状の金属に筒状のゴムを被せた物で空気切れで空気をチューブの中に入れたときに逆流しないようにする大事な部分です。

この虫ゴムのゴムの部分が破けていたり傷んでいると空気が漏れてしまいます。

対処方法はこのゴムの部分を100円ショップやホームセンターで売っていますので、新しいゴムに取り換えてみてください。

そして、空気を入れて1日様子をみてタイヤの空気が抜けていなかったらパンクではないので修理店に行く必要がありません。

虫ゴムが破けたり傷む主な原因はゴムの劣化です。

ゴムはタイヤと同じで長年使い続けると劣化してボロボロになったり硬くなったりしまいゴムの役割を果たさなくなります。

自転車を購入してから定期的にこの部分を交換する方は少ないと思います。

パンクだと思い自転車店に行くと、パンクしていなくてもパンクの穴調べと虫ゴム交換をするだけでも点検代を払わなければいけません。

日々の定期的なメンテナンスで点検代を節約できます。

スポンサーリンク

最近では、虫ゴムがいらない「スペシャルバルブ」と呼ばれる商品も発売されていますので手間が面倒な方はこちらを購入されても良いかもしれません。

↓ ↓ ↓

自転車のパンクを新しい虫ゴムに交換後、自宅で確認する方法は?

新しい虫ゴムに交換した上で、いざ自転車に空気を入れたときにどこかから「シュー」と音が聞こえてきた場合はチューブに比較的大きな穴が開いている状態です。

自分でパンク修理ができない場合は、近くの自転車店に修理してもらいましょう。

また、空気をいれた時はしっかり空気が入っていたのに、次の日には自転車の空気が抜けている場合はチューブに小さな穴が開いている可能性が高いです。

小さな穴が開いている場合は、少しづつ空気が抜けていくのですぐにパンクだと気づきにくいです。

自分でパンク修理ができない場合は、近くの自転車店に修理してもらいましょう

まとめ

パンク修理で自転車店に自転車を持ち込まれる際は、ご家庭の車で運ぶか必ず自転車を押して来るようにしてください。

絶対にパンクしたままで自転車に乗らないようにしてください!

なぜならば、パンクした状態で自転車に乗ってしまうと、元々穴が開いていた所以外の箇所のチューブが体重の重みで破れたり裂けたりしてしまいます。

そうなると、本来ならパンク修理で低額で済むところ、チューブ全体を交換しなければならないチューブ交換の修理が発生してしまい高額の修理代を払わなければなりません。

少しの手間を惜しむと高額の修理代を支払わなければならないので自転車店に持ち込む際は十分注意されてください。

スポンサーリンク

-自転車
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

自転車がパンクする原因は?修理代の目安は?パンクしない乗り方は?

自転車は免許がいらず、小さいお子さまから年配の方も気軽に使える便利な乗り物です。 スポンサーリンク ですが、自転車のパンクについてはあまり知らない方が多いです。 ここでは、元自転車店で働いていた従業員 …