スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします 

受験生

小論文の簡単な書き方と人気のテーマと天声人語を使った練習方法は?

投稿日:2017年12月7日 更新日:

もうすぐ受験シーズン到来です。

受験生は最後の追い込みで必死に受験勉強に励まれていると思います。

ここではそんな受験生の多くが苦手としている小論文について、元講師が教える「今からでも間に合う簡単な書き方・テーマ・練習方法」をご紹介します。

小論文の書き方を簡単にマスターする方法は?

小論文を書かなければならないことが決まったら、最初にするべきなのは、過去問を手に入れることです。

間違っても、分厚い「小論文の書き方」の本などを購入してはいけません。

一気にやる気がなくなる可能性が大です。

過去問を手に入れたら、まずは一度解いてみます。

できなくて当たり前です。

過去問を解くときに大切なのは、自分に足りない力はなんなのか?何を習得したら書けるようになるのか?を自分なりに分析することです。

過去問を見ても、「何から書いたらいいのかわからない」「さっぱり手が出せなかった」という人は、まず「小論文の型」を覚えることから始めましょう。

小論文の書き方にも色々な方法がありますが、一番書きやすい方法をご紹介します。

①問題提起

このテーマは〜だが〜だろうか。

②反対意見への理解

確かに〜かもしれない

③自分の意見提示

しかし、私は〜と思う

④理由説明

なぜなら〜だからだ

⑤結論

よって私は〜と考える

この5つの型を覚えれば、あとはテーマに合わせて言葉を当てはめていくだけです。

テーマに対してなんとなく文章を書き連ねていくと、小論文というより作文になってしまう可能性があります。

その点、型に当てはめて書けば、内容が凝っていなくても、それなりに小論文として成立するのです。

大学入試では、内容以上に小論文としての文の成り立ちを見られるので、ここがしっかりできていたら安心です。

とは言っても、内容も大事にしたいという場合は、足りない知識について、新書を読んだり、ネットで調べたりして知識を蓄えていきます。

これも過去問を解きながら必要な知識を探っていくのが近道です。

あとは数をこなして、多くの人に見てもらい小論文に慣れて行くことが大切です。

小論文の書きやすいテーマは?

次に、小論文のテーマについてです。

ほとんどの大学入試では、決められたテーマに基づいて小論文を書くことになります。

しかし、場合によっては、選択制であったり、自由にテーマを選べたりすることもあるようです。

自分でテーマを選ぶ場合、小論文が書きやすいテーマは何なのでしょうか。

【人気のテーマ3】

①小学校の英語教育に賛成?反対?

(例)

・英語教育は小学校からしたほうがいい。

なぜなら、オリンピックもあるし、今後日本人が英語を話す機会は増えるから。

英語を話せたら、日本の魅力を伝えられるし、外国人との購入もできる。

・英語教育は小学校で勉強しなくて良い。

なぜなら、まずは日本語をしっかり身につけるべきだから。

第二外国語としての英語は中学生からでも十分身につく。

②出生前診断に賛成?反対?

(例)

・出生前判断に賛成。

検査が手軽にできて、妊婦の精神的負担が減るから。

もしも異常が見つかったら出産前に心の準備や様々な勉強を始めることができるから。

・出生前診断に反対。現在染色体異常が分かった人の97パーセントが中絶していて、それは命の選別に繋がるのではないか?

スポンサーリンク

まだ日本では、カウンセリングシステムが十分整っていない。

③死刑制度に賛成?反対?

(例)

・死刑制度に賛成。

被害者の家族の心理状況を考えたら、死刑も仕方がない。

加害者の更生を願うことなどできるはずがない。

再発のリスクもある。

・死刑制度に反対。加害者にも人権がある。

また冤罪だった場合、無実の人を殺してしまう恐れもある。

3つの人気テーマを見てきましたが、一般的に「はい」「いいえ」「賛成」「反対」で答えられるテーマが書きやすいと言われています。

書き始める前に、自分がどの立場に立って主張するのかをはっきりすると、主張が2転3転することは避けられますよね。

他にも書きやすいテーマは数多くあります。

エネルギー問題、高齢・少子化社会、グローバリゼーション、インターネット、宇宙開発、少年犯罪、異文化理解、ボランティア活動、食料問題、TPP関連などは人気テーマです。

また、電車のシルバーシートについてや学校に携帯電話を持っていくことについてなど身近なテーマを選ぶのもオススメです。

天声人語を使った小論文の練習方法は?

小論文の練習方法として、天声人語を利用する方法も有名です。

天声人語とは、朝日新聞の看板コラムです。

その時の重要なニュースを熟練した記者がまとめたものです。

天声人語は603文字。小論文の文字数と近いのが練習として使われる理由のようです。

天声人語には、決まった文字数の中で、読者に読ませるための工夫が数多くつめ込まれています。

(1)文章を読む

まずは、声に出して読んでみます。

ここでは、文章の大筋を捉えることが大切です。

(2)文章を写す

次に文章を原稿用紙に写します。

文章力をアップさせるためには、上手な文章を真似することが大切です。

自分の手で書くというのは意外と面倒です。

しかし、その手間が力となります。

書き写しを続けることで文章のリズム、構成、表現力、読み手を引き込むコツを身につけていくことが可能です。

写すことは、漢字の勉強にもなります

(3)記事に対する考えをまとめる

記事を写した後は、記事に対する自分の考えを400文字程度でまとめましょう。

考えをまとめるというと難しく感じますが、感想で良いのです。

率直に感じたことを書きましょう。

(4)記事を要約する

最後に150〜200字程度で、記事の要約をします。

要約するには、主題を掴む必要があります。

主題とは筆者が言いたいことの中心です。

最も重要なところは赤、次に大切なところは青など線をひいてから、その部分を中心にまとめると要約しやすいはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

小論文が受験科目になっている受験生に対して今回の記事が少しでも役に立つことを祈っております。

この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます。
↓  ↓  ↓
大学入試の小論文の採点基準は?点数UPのコツとおすすめの参考書は?

スポンサーリンク

-受験生
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

太宰府天満宮の合格祈願のお守り入手と人気グッズとアクセス方法は?

太宰府天満宮は学問の神様として有名な菅原道真公を祀られているので受験シーズンは大変混雑します。 平日でも中学生の修学旅行の団体客でとても賑やかです。 スポンサーリンク ここ最近では、参拝客は韓国語中心 …

大学入試の小論文の採点基準は?点数UPのコツとおすすめの参考書は?

大学入試で小論文を課す大学はとても多いですよね。 スポンサーリンク しかし、高校生にとって小論文はおろか、文章を書く機会はそんなにないのではないでしょうか? 今回は元講師が教える大学入試のあまり知られ …