スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします 

仮想通貨

仮想通貨のICOとは?必ず取引所に上場する?ICO割れの原因は?

投稿日:

仮想通貨のICOとは?

仮想通貨の業界にICOという言葉があります。簡単に言うと、株のIPO(新規公開株)の仮想通貨版になります。ICOでの資金調達の流れは、「プロジェクトを立ち上げる⇒ホワイトペーパーを公開する⇒トークン(仮想通貨)を発行する⇒投資家がトークンを購入する」になります。

仮想通貨の取引所に上場する前のコインをトークンと呼び、上場前にトークンを購入することで上場後の値上がれば利益を得ることができる為、上場後にコインを購入するより有利と言われ投資家に人気がありました。

IPOは株式上場後、価格が大幅に上がる事はよくあります。2017年以前のICOはIPO以上に価格が跳ね上がるコインがあり、それを保有していた人は億万長者になりおくりびとと呼ばれたりもしていました。

しかし、2018年以降のICO参加者の多くは取引所上場後、ICO購入価格割れでコインを売るに売れない状態の人が増加しICO貧乏という言葉まで生まれました。

仮想通貨のICOは必ず上場する?

投資家はICOでトークンを購入した場合、トークンが仮想通貨取引所に上場しコインにならない限り資金の回収はできません。ではICO案件のトークンが仮想通貨取引所に上場しないことはあるのでしょうか?

残念ながら、投資家から資金だけを集めて上場しないICO案件も存在します。いわゆる詐欺案件と言われているものです。極端な話になりますが、仮想通貨取引所にお金さえ払えばどんな仮想通貨でも上場させてもらえます。ですので投資家から集めた資金があるにも関わらず上場が出来ないというのは、明らかに詐欺目的で作られたICOになります。

話が少しそれますが、2018年上期ぐらいまでは取引所に数千万払えばどんなコインでも上場させてもらう事は可能でした。しかし今は数億円払わないと上場させてもらえない取引所も出てきています。

最近では仮想通貨取引所のコインチェックのハッキングによるコイン流出事件で、コインチェックが何百億も補填できた事でも仮想通貨取引所がかなりの利益を得ていた事がわかります。

今年に入り各国が仮想通貨に対しての法整備を行っていますので、今後はICO自体に厳しいチェックが入り、国や機関が認められたものしかICO案件として公表されないので詐欺案件のICOは無くなってくると予想できます。

なぜ2018年はICO割れを起こしている?

ICO割れに関しては理由はいくつかあります。

一つ目は海外の経済情勢の変化や仮想通貨取引所の不正流出問題があります。

1)日本国内のマウントゴックスと呼ばれる取引所がハッキングされて仮想通貨が不正に流出しました。

2)中国の規制当局が数か所の仮想通貨取引所のアカウントをブロックし規制強化をしました。

3)中国の大手仮想通貨取引所のバイナンスがハッキングに遭い、仮想通貨が不正流出しました。

4)日本国内のコインチェックと呼ばれる取引所がハッキングされて仮想通貨のNEM(ネム)が不正に流出しました。

5)アメリカ国内の仮想通貨取引所で米証券取引委員会(SEC)の登録が無い状態での業務は違法との見解を出しました。

二つ目は仮想通貨の基軸通貨であるビットコインの価格が急落したことです。

2017年の12月頃にビットコインは220万の最高値をつけました。しかし、その後は下降の一途をたどり2018年8月現在では70万前後になっています。それに連られてアルトコインと呼ばれる基軸通貨以外の仮想通貨も下落し、仮想通貨市場自体の地合いが悪くなった事でICO案件も上場しても価格が安定せずすぐに下落してしまう状態が続いています。

三つ目はIPOとICOの違いが大きく関わっています。

IPOは企業が実績を積んで業績をあげて初めて株式上場できるのに対して、ICOは実績無しでこれから実績を作っていく為の資金集めになりますので誰でもICOが出来てしまいます。IPOの企業は実績があり、その企業に出資している証券会社や銀行がありますので上場後、株価が下がっても買い支えが入りますので暴落は起きにくくなります。

一方、ICOは実績がなく将来性で判断する場合が多いので、買い支えてくれる大口の出資先がない場合がほとんどで、結果的に個人投資家ばかりがICOを購入していると上場と同時に投資家は利益確定の為にコインを売るので暴落が起きやすくなります。

ICOで暴落を避けるならば、このICOの大口出資先はどこなのかをしっかり調べた上でICOに参加することがベストです。2018年は上記のような内容が重なり、ICO案件の約9割がICO価格を下回る悲惨な状態になっています。

まとめ

ICOに関していくつかご紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?紹介しているICO案件には良い案件も少なからずあるかもしれませんが、投資は自己責任になります。

ですので「誰かが儲かるからと言っていたので購入する」ということはせずに、自分でしっかり精査して納得してから最悪失っても良いぐらいの資金でICOに投資することをお勧めします。

-仮想通貨
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

仮想通貨のエアドロップとは?メリットと注意点は?換金方法は?

皆さんは仮想通貨をご存知ですか?最近、仮想通貨業界ではエアドロップという言葉をよく耳にします。ここではエアドロップに関しての事を詳しくご紹介します。 もくじ1 仮想通貨のエアドロップとは?2 仮想通貨 …

仮装通貨のビットコインは怪しい?仕組みと日本で使える場所をご紹介

現在のニュースや雑誌を見ていると、ビットコインという言葉を聞く機会も増えました。 ここでは、仮想通貨のビットコインは怪しいのか?ビットコインの仕組みと日本で使える場所をご紹介します。 関連

ホワイトペーパーは仮想通貨投資に役立つ?一例と読み方をご紹介

最近仮想通貨の話題をよく耳にします。その仮想通貨のニュースの中でホワイトペーパーという聞きなれない言葉を聞いた事がある方もいるのではないでしょうか?ここではホワイトペーパーに関して詳しくご紹介致します …