スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークで福岡の潮干狩りの穴場は?マテ貝堀りと食べ方

投稿日:2017年3月31日 更新日:

ゴールデンウィークの予定はもうお決まりですか?

ここでは通常の潮干狩りでは体験できない面白い潮干狩りスポットとその貝についてご紹介します。

スポンサーリンク

ゴールデンウィークで福岡の穴場の潮干狩りスポットは?

潮干狩りといえばあさりやはまぐりのイメージがありますが、福岡では少し変わった貝が採れるんです。

その貝が採れる場所は福岡県の東側(北九州市の南)に位置する豊前海に面した行橋市です。

貝の種類はマテ貝と言って豊前海に多く生息する10センチ程の細長い貝です。

長井浜では週末に行橋市漁業協同組合の長井支所のかたがオレンジ色のジャンパーを着てマテ貝堀りのコツを丁寧に教えてくれますので、初めての方も安心です。

ゴールデンウィークで福岡で体験できるマテ貝堀りとは?

マテ貝堀りは行橋市の長井浜で3月中旬~6月中旬の間体験できます。

マテ貝堀りに必要な道具は「長靴・バケツ・くわ・割りばし・塩(1~2kg)」です。

実際のマテ貝の堀り方としては、潮が引いた砂浜の表面をくわで浅くならすと小さな楕円形の穴が現れます。

そこに割りばしの先に塩を付けて穴に入れると、マテ貝が潮が満ちたと勘違いしてひょっこり頭を出します

スポンサーリンク

ここで焦って貝をつかまず、焦らずゆっくり引き抜くのがコツです。

マテ貝堀りができるのは干潮の前後の1時間程度なので、前もって干潮時刻を調べておくことをオススメします。

(せっかく海岸にいっても潮が引いてなければ残念な結果になってしまいます。)

干潮時刻はこちらから確認できます。

長井浜でのマテ貝堀りの料金は大人500円で中学生以下は無料です。

また、行橋市内では蓑島(みのしま)海水浴場でもマテ貝堀りが楽しめます。

ここの料金は大人500円・子ども300円です。

ゴールデンウィークで福岡で食べられるおいしいマテ貝食べ方

ここではマテ貝のおいしい食べ方をご紹介します。

まず、形は違えど貝ですのであさり同様砂抜きが必要です。

マテ貝を2~3%の塩水に入れてふたをして3時間程度すると砂抜き出来ます

その後は通常の貝料理同様にみそ汁やバター焼きに調理すると絶品です!!

まとめ

熊手を使った貝堀りとはひと味違った面白さがあり、週末には県内外から家族連れで賑わいます。

是非一度、ゴールデンウィークの思い出作りにマテ貝堀りに挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-ゴールデンウィーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ゴールデンウィークで子供と遊ぶ福岡の「海の中道」とは?イベント紹介

ゴールデンウィークはゆっくり子供と楽しめる限られた時期です。 今回は福岡で楽しめる有名な「海の中道」とイベントをご紹介します。 スポンサーリンク 関連

ゴールデンウィークに子供と遊べる福岡の水族館「マリンワールド」とは

ゴールデンウィークに子供と遊べる場所はもう決まりましたか? お子さんは楽しみにしていると思います。 ここでは福岡の数ある動物園・水族館の中で4月にリニューアルオープンする水族館をご紹介します。 スポン …