スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

健康&医療

アルコールを飲まなくても脂肪肝になる?その原因と症状と治療法は?

投稿日:2017年4月26日 更新日:

脂肪肝はアルコールを飲む人がなる病気だと思っていませんか?

実は脂肪肝にはアルコール性脂肪肝と非アルコール脂肪肝の2種類があります。

非アルコール脂肪肝はアルコールを飲まない人でも発症してしまう病気なのです。

ここではその脂肪肝の原因と症状と治療法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

アルコールを飲まなくても脂肪肝になる非アルコール性脂肪肝とは?

まず、脂肪肝とは肝臓に必要以上の脂肪が蓄積した状態のことをいいます。

現在は人間ドックの受診者の約4人に1人が、肝機能の異常があらわれていない脂肪肝と診断されています。

脂肪肝は飲酒をする人が発症する病気だと思われていますが、飲酒をしないのに発症する脂肪肝もあります。

それは「非アルコール性脂肪肝」と呼ばれています。

とはいえども、血液検査で肝機能の数値が正常の範囲ならばすぐに治療が必要というほどのことではありません。

しかし、肝機能の数値が正常値より高い場合は注意が必要です。放っておくと脂肪の蓄積による炎症がおこり非アルコール性脂肪肝炎になってしまいます。

更に病状が進行すると肝硬変や肝臓がんになってしまう場合があります。

スポンサーリンク

アルコールが要因でない非アルコール性脂肪肝になる原因と症状は?

非アルコール性脂肪肝の原因は、ホルモンのバランスや体質または内臓肥満や高脂血症などの生活習慣病と様々な要因が考えられます。

危険信号としては、中年と呼ばれる世代以上で代謝が落ちエネルギーを蓄積しやすくなり腹回りが気になりだしたら要注意です。

また、女性はホルモンのバランスで更年期にも注意が必要です。

アルコールが要因でない非アルコール性脂肪肝の治療法は?

現時点で脂肪肝には特効薬はありません

ですが、食生活では食べ過ぎない、また適度な運動を行うなど生活習慣の改善に取り組む事が一番の治療方法です。

減量に成功すると、非アルコール性脂肪肝炎は大きく改善します。

肥満気味の方はまずは体重の3%の減量を目標にして食事運動療法に取り組みましょう。

まとめ

肝臓はよく沈黙の臓器といわれるように自覚症状がほとんど無く、何か症状が出た時にはすでに病状が悪化していることも少なくありません。

そうならないためにも、定期的な健康診断を受診していただき脂肪肝が発見された段階で、生活習慣の改善に努めることが最も重要です。

スポンサーリンク

-健康&医療
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

加齢黄斑変性とはどんな病気?治療法と費用は?予防はサングラス?

最近目の病気として加齢黄斑変性をよく聞きますが一体どんな病気でしょうか? ここでは、加齢黄斑変性の症状と原因、治療法とそれにかかる費用、予防としての最適なサングラスをご紹介します。 スポンサーリンク …

目の下のくまの種類とその原因と対策と病気をご紹介

赤ちゃんから年配の方まで幅広い年代の方がお悩みの目の下のくま。 ただの寝不足だと思っていませんか? 実はくまの種類があり、場合によっては病気のサインが隠れている場合があります。 ここではくまについてく …

油の種類の特徴を知ることは重要?料理別の使い分けと摂取方法を紹介

油に含まれる脂質には、私たちにとって効率のよい重要なエネルギー源でもあります。 ここでは油を賢く上手に摂取する方法をご紹介します。 スポンサーリンク 関連

ドライいちじくと生いちじくは栄養が違う?効能はある?カロリーは?

いちじくは栄養素の高い果物です。 スポンサーリンク 昔から世界中の人々に好んで食されており、日本には江戸時代に伝来され「不老長寿の果物」とも呼ばれいます。 世界中で果物としてだけではなく、デザートや料 …

体が酸化するってどういう事?どんな症状がでるの?原因と対策は?

最近よく聞く体の酸化。 スポンサーリンク 一体何が原因でどんな症状がでるのでしょうか? ここでは体の酸化対策も含めてご紹介します。 スポンサーリンク 関連