スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

美容

目の下のたるみの原因と解消するには?事前の予防法は?

投稿日:2017年5月28日 更新日:

目の下のたるみで悩まれている方は多いのではないでしょうか?

加齢だから仕方ないと諦めていませんか?

まだ、若いから大丈夫と思っていませんか?

目の下のたるみは今の現代社会では年齢は関係ありません。

ここでは、目の下のたるみの原因と解消法及び予防法をご紹介します。

スポンサーリンク
  

目の下のたるみの原因は?

目の下の涙袋と呼ばれる部分にたるみがあると、どうしても疲れた顔や老け顔に見られがちです。

加齢によってお肌にしわやたるみが増えてしまう事のは仕方ないことですが、できれば若々しく見せたいものです。

目の下にどうしてたるみができるかを知るすることで、たるみの対策ができます。

たるみの原因の一つに紫外線による光老化があります。

もう一つは加齢によるお肌の変化で、皮膚のたるみができる要因の最も大きなものといえます。

年齢を重ねると今まで皮膚の奥で生成されていたコラーゲンやヒアルロン酸が少なくなりますので、肌の弾力性が失われてしまいます。

肌にコラーゲンやヒアルロン酸が多いと、肌の保湿力が高くなりしっとりとしてもちもちとした皮膚が維持できお肌の美しさを保てます。

逆に、コラーゲンやヒアルロン酸が減少した肌は、弾力がなくなってしまい重力に引かれ、目の周りのたるみが目立つようになってしまいます。

また、今の現代社会はパソコまた、マホの普及により、目を長時間使用している人が増加するとともに、目に相当の負担がかかっていることもたるみの原因の一つです。

更に、まばたきをしない生活をしていると目のまわりの筋肉が弱くなって目の下がたるみやすくなります。

仕事で疲れて帰って来て、メイクを落とさずに就寝してしまったり、面倒くさいという理由でいいかげんなクレンジングをしていると皮膚を痛めてしまいます。

目の下のたるみを解消するには?

目の下にできたたるみを解消し、見た目の印象を実際の年齢よりもずっと若く見せたいと考えている女性は多いと思います。

体の中で最も見られている場所は顔です。

顔の雰囲気を変えることによって、実年齢より若く見せることが可能です。

大抵の人はあまり感じずに毎日を送っていますが、人間の顔は表情筋と呼ばれる筋肉があり、笑顔や怒り顔、泣き顔などの表情をつくっています。

顔には表情筋があるからこそ、顔の皮膚は引き締まった状態を維持できるようになっています。

スポンサーリンク

表情筋の使用頻度が少ない生活をしていると、徐々に筋肉が弱くなり、皮膚自体の重みで下に垂れ下がるようになるわけです。

一旦弱くなった表情筋は、表情筋を意識した生活をしていない限りは、自然に元通りにはなりません。

表情筋のエクササイズをして、たるんでしまった皮膚を支える筋肉をつくり、目の下のたるみを解消しましょう。

今は書籍やネットで表情筋を鍛える方法も数多く出ていますので参考にされて下さい。

他の筋肉と違って表情筋を動かせる範囲は狭い為、すぐに効果が実感できることは難しいですが根気よくコツコツと続けることが目の下にたるみ解消の近道です。

目の下のたるみの予防方法は?

目の周りは他の部位よりも皮膚が薄くデリケートなため、しわやたるみができやすくスキンケアが難しい部位でもあります。

たるみのない、ハリのある美しい肌を維持するためには、どうしてたるみができるのかを知っておくことが重要です。

肌のハリに関わっているのは、皮膚の真皮層という場所で生成されるエラスチンやコラーゲンです。

エラスチンやコラーゲンが減少すると、お肌のハリが少なくなって、たるみができやすくなってしまいます。

また、加齢によって皮下脂肪が増えていくことも、目の下のたるみの原因の一つです。

皮下脂肪が多くなった下まぶたは重くなってたるみやすくなりますので、皮下脂肪を増やしすぎないようにすることが重要です。

その為には日々のスキンケアで、皮膚にコラーゲンやヒアルロン酸を補うことが予防の一つです。

また皮膚の深層では>肌の保湿に役立つコラーゲンやエラスチンを生成していますが、スキンケア用品を使っての保湿成分の補給も可能です。

肌の深層にまでコラーゲンやエラスチンを浸透させるためには、高濃度の美容液を使ったり、美容液を使ったパックケアをする方法も予防の一つです。

顔の血流を促進するためにフェイスマッサージをしたり、皮下脂肪を燃焼させるために表情筋のエクササイズをすることも予防の一つです。

外出する際は季節を問わずUVカットクリームをつけたり、紫外線対策として帽子や眼鏡を身につけましょう。

またある程度目を使った場合は、しばらくは目を休めるなどして目をいたわることも必要です。

まとめ

冒頭に目の下のたるみは今の現代社会では年齢は関係ないとお伝えした意味はご理解いただけましたでしょうか?

日常生活の中のちょっとした心がけで目の下のたるみの進行を遅らせることになり、将来的に若く見られることにつながります。

スポンサーリンク

-美容
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アンチエイジングに効果的な食品とは?ランキングと栄養素をご紹介

誰しもいつまでも若々しく元気でいたいと思っているはずです。 スポンサーリンク ここではアンチエイジングに効果的な食品に関してご紹介します。 スポンサーリンク 関連