スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

子供

子供の熱中症の症状は?風邪との見分け方は?発熱・嘔吐時の対応は?

投稿日:

これからの季節、毎年のように熱中症のニュースが報道されます。

子供は背が低く地面から近いところで日々生活しているのでアスファルトの照り返しなどの熱を大人よりもダイレクトに受けてしまいます。

そのため、大人にはこれぐらいは大丈夫と思うぐらいでも子供にとっては重大です。

今回は子供の熱中症対策に関してご紹介します。

スポンサーリンク
  

子供に多い熱中症の症状は?風邪との見分け方は?

熱中症は外で起こってしまうイメージが強いですが、日光などが直接的な原因ではなく、汗をかくことが原因なので室内でも起こってしまいます。気温が高い場所でスポーツをする機会が多い子供に多い熱中症ですが、重症度によってⅠ~Ⅲに分類され、場合によっては命の危険を伴ってしまうこともあります。

熱中症対策で重要なのは、適切な処置を行うことです。熱中症の症状をしっかりと把握し、子供を熱中症から守りましょう。

■熱中症の症状

①吐き気や体のだるさ
  
熱中症の初期は、体に力が入らなくなってしまい、吐き気を伴います。

②異常な汗

気温の高いところにいる、体を動かすなどをすれば適度な汗をかきます。

熱中症になってしまうと、客観的に見ても異常なほど汗をかいてしまいます。

拭いても汗が出るときは熱中症のサインです。

③顔がほてりめまいが起こる

顔がボーっとほてり、めまいが起こるようになると、熱中症の可能性があります。

酷いときは、失神してしまうこともあります。

④意識を失う

呼びかけに全く答えることができずに、意志の疎通ができなくなってしまうと、熱中症としては極めて危険な状況です。

すぐに救急車を呼ぶなど対応する必要があります。

■風邪との見分け方

風邪との分かりやすい見分け方は、汗をかいているかかいていないかです。

ウイルスが体を攻撃する風邪では、体温を下げるために汗が出ます。

熱中症は汗が出尽くして体温が上昇している状態なので、汗をかくことがありません。

また、当人の状況を見て判断することも大切です。

スポーツ中に発熱した、クーラーをかけていない部屋で汗が出ない状態で発熱している場合は、熱中症の可能性大です。

子供に多い熱中症の症状で発熱時の対応策は?

熱中症の症状の1つに、発熱してしまうというものがあります。

子供に多い熱中症において、発熱を伴う症状はかなり危険なので、対応策を取ることが重要です。

今回は、熱中症の発熱時にどのようにすれば良いかご紹介します。

①休息を取る

発熱してしまったときは、すぐに休息を取ることが重要です。

屋外でスポーツなどをしているときは、すぐに日陰や涼しい部屋に移動して、横になり休憩しましょう。

気温が高いところは避けたいので、クーラーが適度に効いている部屋が望ましいです。

体の締めつけも良くありませんので、ベルトなどを緩めるのも効果的です。

熱中症になっている人を無理に立たせたり歩かせたりするのではなく、タンカなどを利用して運びましょう。

スポンサーリンク

②体を冷やす

熱中症の発熱は風邪とは違いますので、直接的に体を冷やすことが大切です。

脇や首の下を氷袋、保冷剤などで冷やしましょう。

室内の場合はエアコンをかけて、扇風機を当てることで体温を下げることができます。

③水分補給

汗が出ないということは、体の中にある水分が出尽くしてしまったということです。

したがって、体を冷やすと同時に水分補給をすることも重要です。

飲むものはスポーツドリンクや塩分を含めた水が好ましく、お茶やコーヒーは利尿効果があるので飲ませてはいけません。

■どうしても体温が下がらないときはどうすれば良い?

上記の処置をしたにも関わらず体温が下がらない、または意識を失うほどの高熱状態だったときは、すぐに救急車を呼びましょう。

処置が遅れてしまうと、命の危険も考えられるのが熱中症です。

症状が良くないときは、専門家である医師に処置をしてもらう必要があります。

子供に多い熱中症の症状で嘔吐時の対応策は?

熱中症の症状で多いのがめまいですが、それがさらに酷くなると吐き気を伴ってしまいます。

そのまま嘔吐することもあり、こうなってしまうと熱中症の重篤度が上がっています。

嘔吐の症状が出たときは、適切に対処することが重要です。

今回は、熱中症の症状で嘔吐時の対応策をご紹介します。

①吐瀉物を吐き出させる

熱中症で嘔吐してしまったときは、口の中に吐瀉物が残っていることがあります。

消化されていない吐瀉物は、喉が詰まってしまう原因にもなることがあり非常に危険です。

最初に行うことは、吐瀉物を吐き出させてきれいにすることです。

意識があるときは、うがいをさせて吐瀉物を吐き出させましょう。

意識がないときは重度の熱中症なので、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。

②水分補給

嘔吐に限らず熱中症の症状を緩和するためには、水分補給を欠かすことができません。

吐瀉物を吐き出した後は、すぐに水分補給させましょう。

飲み物はスポーツドリンクが最も良く、なければ多少の塩を加えた水で構いません。

お茶やコーヒーにはカフェインが含まれており、利尿効果があるので熱中症の対応には不向きです。

③体を冷やし安静にする

水分補給まで済めば、後は体を冷やし動かず安静にしましょう。

体を冷やすためにはエアコンの効いた涼しい部屋が好ましく、あれば扇風機なども使用して体温を下げましょう。

氷枕や氷袋、保冷剤などもあれば体に当ててあげることで、体温を下げることができます。

■どうしても嘔吐が止まらないときはどうすれば良い?

上記の対応を行っても嘔吐が止まらないときは、非常に危険な状態です。

すぐに救急車を呼びましょう。

まとめ

子供の熱中症は早期発見、早期対応が重要です。

特に外でスポーツをする子供はこれからの季節注意が必要です。

お子さまを日々観察して少しの異変も見逃さないようにしてください。

スポンサーリンク

-子供
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

熱中症対策の麦茶の利点は?子供への飲ませ方とおすすめ商品をご紹介

毎日暑い日々が続くと、子供が熱中症にならないか不安になりますよね。 スポンサーリンク 熱中症対策で一番に考える飲み物は、「スポーツドリンク」ではないでしょうか? しかし「スポーツドリンク」は糖質を多く …

幼稚園のお弁当で人気のおかずは?簡単にでき作り置き可能な一品は?

  幼稚園に通う子供がいると、お弁当作りは悩みの1つですよね。 スポンサーリンク お弁当の日が週に1度くらいならまだしも、週3日以上だと「今日は何を入れよう」という日があってもおかしくありません。 今 …

熱中症対策のスポーツドリンクの利点と子供への飲ませ方とお勧め商品

夏になると、子供の水分補給に気を使いますよね。 スポンサーリンク 小さな子供が炎天下の中でも元気に過ごすためには、「何をどのくらい飲ませたらよいのか?」と悩む方も多いのではないでしょうか? 最近は熱中 …

子供の紫外線対策は必要?オススメの帽子は?最適な洋服は?

子供は大人よりも紫外線の影響を常に受けやすい状態にあります。 スポンサーリンク 子供に紫外線対策は本当に必要なのでしょうか? 今回は子供の紫外線に関してご紹介します。 スポンサーリンク 関連

台風で子供の喘息の悪化の原因と対策は?同時に起こる頭痛には?

台風の時期は、喘息がある子、喘息がある子をお持ちのママにとって辛い時期ですよね。 スポンサーリンク 「子供の喘息が台風の接近と共に悪化した。」という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか? 実は、 …