スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

ペット

犬の夏の暑さ対策グッズは?ご飯を食べない時は?エアコンの温度は?

投稿日:2017年5月2日 更新日:

最近、お家のワンちゃんの体調はいかがですか?

これから夏に向けて、お昼の散歩は暑くて出来なくなったりワンちゃんにとっては辛い季節になってきます。

ここではワンちゃんの為の暑さ対策グッズとご飯を食べない時の対策と最適なエアコン温度をご紹介します。

スポンサーリンク
  

犬の夏の暑さ対策でおすすめのグッズは?

ワンちゃんは、寒さには強いけど暑さには弱い生き物です。

そんな暑さに弱いワンちゃん達のために、夏バテ対策の予防グッズをご紹介してみたいと思います。

①お外で使える暑さ対策グッズ

ワンちゃんをお散歩に連れていく時には、朝早くや夜遅くなど涼しい時間を選び、アスファルトなど地面が高温になる道は避けるようにしましょう。

お散歩しながら使える暑さ対策グッズには、首に巻けるネッククーラーがあります。

保冷剤を入れるタイプや、水で濡らして冷やすタイプがあり、ワンちゃんの首にある太い動脈を冷やすことで効率的に体温を下げることが可能になります。

皮膚のトラブルを避けるため、長時間の使用は避け、使用後はよく乾かすことも大切です。

そしてもう一つが、ワンちゃん用のクールウェアです。

人間と同じように、ワンちゃんにも夏用の機能性ウエアが続々販売されています。

効率的に吸熱と放熱を行うことにより、汗をかくことができないワンちゃんの体温を調節してくれるものです。

小型犬から大型犬まで様々なサイズが揃っており、可愛らしいデザインも多いです。

②お家で使える暑さ対策グッズ

お部屋で使えるグッズとしては、冷却ボードがおすすめです。

これには様々なタイプがあり、大理石やアルミ素材、竹製のござやジェルが入っているものなどがあります。

それぞれにメリットとデメリットがあるのですが、竹製のものやジェルはワンちゃんが噛み千切ってしまいボロボロになるという欠点もあります。

アルミ製のものは反射に怯えて上に乗ってくれないワンちゃんもいるようなので、好みが分かれます。

大理石は重さこそあるものの、汚れも拭き取りやすく、水や電気を使わないので経済的で飼い主さんからの評判も良いです。

また、リネン(麻)素材のマットやベッドは、熱伝導率が高いため体温を下げてくれる効果があります。

ほぼ年間通して愛用されているご家庭も多く、耐久性も高いですので長く使用できるところが嬉しいですね。

犬が夏の暑さでご飯を食べない時の対策は?

毎年暑さを増していく日本の夏、食欲もなくなり体調を崩される方も多いと思います。

暑さを感じるのは人間だけではなく、動物も同じです。

おうちのワンちゃんも、暑さに参ってしまい、食欲をなくしている子も多いのではないでしょうか。

そんなワンちゃん達のために、今回は夏バテによる食欲不振や食欲回復のための対策法をいくつかご紹介したいと思います。

①ワンちゃんの夏バテ症状をチェック

まず、おうちのワンちゃんに以下の症状がないかチェックをしてみてください。

☑いつもなら完食する量の食事を残すようになった

☑食事の時間になっても催促する行動がない

☑食事を与えても口をつけようとしない

☑おやつ程度の食べ物なら口にするが、ドッグフードなどの食事を摂らない

人間と同じように、ワンちゃんも夏バテの時には身体の倦怠感や胃腸の不調を感じます。

ワンちゃんの様子をよく観察してあげて、上に挙げたような症状が見当たるようであれば、夏バテの可能性を疑ってみてください。

スポンサーリンク

②ワンちゃんの夏バテによる食欲不振への対策

人間と同じく、ワンちゃんの夏バテ解消にも「水分補給」と「食欲の回復」が最も重要となります。

まず水分補給のポイントとしては、常にキレイなお水を用意しておいてあげるのはもちろんのこと、食事から水分を補給させる方法がおすすめです。

いつもドライフードを与えているのならば、ウエットフードに切り替えてみましょう

ウエットフードは水分量も多く、ドライフードを口にしなかったワンちゃんでも喜んで食べてくれる場合もあります。

ただしウエットフードは傷みやすいため、出しっぱなしにしないよう注意してください。

鶏の胸肉やささみを茹でで、その茹で汁ごとドライフードにかけて与えてみるのもおすすめです。

鶏肉のタンパク質や脂肪分の匂いにそそられて、ワンちゃんの食欲不振が改善する可能性もあります。

また、野菜や果物には多くの水分が含まれていますので、これらを日頃の食事に混ぜて与えることも効果的です。

特にキュウリ・トマトなどの野菜は水分を多く含んでいるので、効率的に水分補給ができます。

犬の夏の暑さ対策でエアコンの最適な温度は?

ワンちゃんと人間では、感じる体感温度が異なります。

ワンちゃんは言うならば真夏でも毛で覆われている状態で、真冬のコートを羽織っているようなもの。

そのためワンちゃんにとっては、真夏の温度管理というのは非常に大切なのです。

飼い主さんが留守にしている時の、エアコンの温度設定や、気を付けておくべきことについて解説していきます。

①ワンちゃんに最適なエアコンの設定温度

ワンちゃんは気温22度、湿度60%を超えると、熱中症になりやすいと言われています。

ですがエアコンの設定温度を低くし過ぎると、今度はお散歩などで外に出た時の温度差が激しく、逆に身体に負担がかかることも。

そこでワンちゃんのエアコン温度設定におすすめなのが、25~28度で湿度を60%以下に設定することです。

温度はやや高めですが、湿度を60%以下に保つことで、体感温度は変わってきます。

気温がさほど高くない日でも、エアコンの除湿モードをかけてあげるだけで、ワンちゃんにとっては過ごしやすくなります。

②エアコン設定以外にも気を付けてあげること

夏場に飼い主さんが家を留守にする時に、ワンちゃんのためにエアコンをつけておくのはもちろんですが、更に一工夫してあげることでワンちゃんの熱中症を予防してあげることができます。

エアコンをかけながら、軽く扇風機もつけてあげることで、お部屋にまんべんなく冷気を行き渡らせることができます。

ただしワンちゃんにとって扇風機の風を直接受けることは身体によくありませんので、首振り運転で適度な風量を心がけてあげてください。

日当たりのよい部屋ならば、カーテンやブラインドは閉めておいて、直射日光があたらないようにしてあげましょう。

クーラーを入れると乾燥して喉が渇いてしまうのはワンちゃんも同じですので、充分な量のお水も用意しておいてあげてください。

これにより脱水症状を防ぐこともできますので、夏場の水分補給は生き物にとっては欠かせません。

まとめ

これから夏に向けて熱中症のニュースが増えてきます。

人間が暑いのに元々体温が高いワンちゃんが暑くない訳がありません。

ワンちゃんは人間と違い話すことができませんので家族の一員であるワンちゃんをしっかり飼い主さんが健康管理してあげてください。

スポンサーリンク

-ペット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした