スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

美容

アンチエイジングに効果的な食品とは?ランキングと栄養素をご紹介

投稿日:2017年5月6日 更新日:

誰しもいつまでも若々しく元気でいたいと思っているはずです。

ここではアンチエイジングに効果的な食品に関してご紹介します。

スポンサーリンク
  

アンチエイジングに効果的な食品とは?

アンチエイジングに効果的な食品はズバリ「発酵食品」です。

発酵食品とは、食材を微生物の働きによって発行させて作られた食品のことです。

微生物が人にとってプラスになる物質に変えてくれます。

発酵食品は世界中にありますが、日本では醤油・味噌・納豆などが代表的です。

どの食品も昔から日本人が食べ続けてきたもので、日本人が長寿国である理由はこの発酵食品に関係があるといってもいいかもしれません。

発酵食品は、生活習慣病の予防や健康維持だけでなく、アンチエイジングの効果も大きい食品です。

発酵食品がアンチエイジングに役立つ理由は大きく2つあります。

①腸内環境が整う

腸内環境が乱れて便秘の状態が続くと有害物質から発生する有毒ガスや、老化の原因の活性酵素が腸内に溜めたままになり、容姿や体内の老化が早まってしまいます。

発酵食品の効果としては整腸効果があり、微生物が腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれます。

②血行がよくなる

体中に酸素や栄養素を送り届けてくれる血液の流れが滞ると内臓の機能が低下します。

また、皮膚にも栄養が行き届かなくなってしまいシミやシワやくすみなどの肌トラブルの原因になり、容姿も老けて見えます。

発酵食品で腸内環境が整うことで、自律神経の副交感神経が優位になり血流が良くなり、その結果見た目の若さが維持できます。

アンチエイジングに効果的な食品ランキングをご紹介

1位:納豆

2位:漬物

3位:味噌

4位:酢

5位:ヨーグルト

6位:塩麹・甘酒

★1位~3位の最も適した摂取方法をご紹介します。
 
①納豆:「納豆と醤油を一緒に摂る」。醤油も発酵食品なのでダブルの効果が期待できます。

また、「納豆とキムチを一緒に摂る」こともおすすめです。

キムチに含まれる乳酸菌が腸内環境をさらに整えて便秘解消につながります。

納豆の効果的な食べる時間帯は朝ではなく夜食べる方が◎

1日1~2パックを目安に毎日食べることが◎

②漬物:漬物はそのまま食べるよりも刻んでカルパッチョのソースやチャーハンの具やドレッシングに混ぜることで料理に旨みが加わり味わいが深くなります。

また、刻んだたくあんを納豆に混ぜると相乗効果で発酵力が更に強化されます。

スポンサーリンク

③味噌:味噌はみそ汁として摂り入れるのが最適です。

ですが、出汁を摂ったりすることが手間ならば味噌に鰹節ととろろ昆布を混ぜてラップに丸めて保存しておくと、お湯を注ぐだけでみそ汁ができます。

アンチエイジングに効果的な食品別の栄養素をご紹介

上位の5種類の商品別の栄養素をご紹介します。

①納豆:納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれています。

この酵素は血液をサラサラにする働きがあり、高血圧や脳梗塞の予防にも効果があります。

また、便秘解消に役立つ食物繊維やタンパク質が豊富に含まれており女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンも摂取できるため、肌や髪のうるおいの保持や更年期障害の改善などに効果が期待できます。

②漬物:漬物に含まれる乳酸菌は植物性乳酸菌です。この乳酸菌はほかの乳酸菌と違い酸に強く生きたまま腸に届くため、腸内環境を整えアンチエイジングに役立つ活躍をします。

乳酸発酵の漬物として代表的なものは、ぬか漬け・野沢菜漬け・キムチです。

また、梅干しや浅漬けは発酵していないので乳酸菌の効果は期待できません。

③味噌:味噌には麹菌と乳酸菌と酵母という3種類の微生物から成り立っています。

どの菌も善玉菌ですので、腸内細菌のバランスが整います。

また、アンチエイジング効果だけでなく、免疫力を高めたり、コレステロールの値の上昇を抑えて生活習慣病の予防する働きがあります。

更に、みそ汁を毎日飲むことで胃がん発症のリスク軽減があることが判明されています。

④酢:酢はお酒を酢酸菌で発酵させたもので、クエン酸や酢酸を含んでいます・

クエン酸には、腸内の有害な菌を減らし腸内環境を整える働きがあります。

それにより血行が良くなるだけでなく酢酸にも血管を広げて血行を促す働きがあるので、アンチエイジングには欠かせません。

⑤ヨーグルト:ヨーグルトはタンパク質や脂質やカルシウム、ビタミン類などの体に必要な栄養素もバランスよく含まれている優秀な食べ物です。

最も大切なことは毎日摂り続けることです。1日200gを見安に晩御飯の後のデザートとして摂取することをおすすめします。

⑤塩麹・甘酒:麹菌以外にエネルギーの代謝を高めるビタミンB群を多く含みます。

効果をしては太りすぎの防止・免疫力アップ・シミ予防などの美白効果が挙げられます。

甘酒に含まれているレジスタントプロテインには糖尿病や高血圧の予防や改善に効果があります。

まとめ

発酵食品は、生活習慣病予防だけでなくアンチエイジング効果もあります。

これからの日常生活に積極的に摂り入れて健康を維持しましょう。

スポンサーリンク

-美容
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

目の下のたるみの原因と解消するには?事前の予防法は?

目の下のたるみで悩まれている方は多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 加齢だから仕方ないと諦めていませんか? まだ、若いから大丈夫と思っていませんか? 目の下のたるみは今の現代社会では年齢は関 …