スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

日焼け

飲む日焼け止めは本当に効果はあるの?成分と副作用についてご紹介

投稿日:2017年5月9日 更新日:

最近、日焼け止めの種類で飲むタイプの日焼け止めが販売されています。

一体通常の塗るタイプの日焼け止めと何が違うのでしょうか?

今回は飲む日焼け止めの効果と成分と副作用についてご紹介します。

スポンサーリンク
  

飲む日焼け止めは効果があるの?

日焼け止めのイメージと言えば、ほとんどの方が肌に塗ることを想像されるのではないでしょうか。

実際のところほとんどの商品は肌に添付するタイプなので、間違いではありません。

しかし、現在では飲む日焼け止めも販売されています。

飲むことによって日焼け止めの効果は本当にあるのでしょうか。

■老化の原因とは?

日焼け止めの効果の前に、日焼けすることによるデメリットを知っておく必要があります。

単純に肌が黒くなってしまうだけではなく、日焼けすることによって老化が促進されてしまうことが分かっています。

老化には2つの種類があり、加齢によって自然に老化してしまう生理老化と、紫外線を浴びることによって進んでしまう光老化があります。

紫外線の影響は大きく、長期間浴びてしまうと肌にシミやシワが増えてしまいます。

したがって、お肌のケアを考える上では、普段から紫外線を予防することが大切です。

■飲む日焼け止めの効果は?

それでは、飲む日焼け止めはどの程度効果があるのでしょうか。

紫外線予防の重要なポイントとしては、基本的には紫外線を浴びないようにすることが大切です。

もちろん、市販されている塗るタイプの日焼け止めも効果があります。

飲む日焼け止めの役目とは、紫外線を浴びてしまったお肌のケアを行うことです。

塗るタイプの日焼け止めを使用していても、日光を浴びれば多少なりともお肌にダメージが残ってしまいます。

飲む日焼け止めには、シミやシワの原因になってしまう光老化を抑える効果があるので、浴びてしまった紫外線に対して効果的です。

結論としては、飲む日焼け止めと塗るタイプの日焼け止めを併用すれば、しっかりと紫外線を予防することができます。

飲む日焼け止めの成分は?

飲む日焼け止めの役目は、外部から紫外線を予防するのではなく、浴びてしまった紫外線をいかに軽減するかということです。

したがって、サプリメントと考えるのが正しく、配合されている成分によって効果も様々です。

しっかりと飲む日焼け止めの成分を把握するようにし、自身の体質に合っているものを飲むようにしましょう。

■ニュートロックスサン

ニュートロックスサンという成分は、初めて耳にするという方も多いのではないでしょうか。

実際それ程周知されている成分ではなく、昨今注目を集めるようになりました。

ニュートロックスサンとは、ローズマリーとシトラスから抽出されたポリフェノールの一種です。

天然由来の成分なので、安全性が非常に高いのが特徴です。

肝心の効果ですが、紫外線のダメージを50%強抑制することが分かっています。

スポンサーリンク

飲む日焼け止めの役目は紫外線のダメージを軽減することなので、非常に重要な成分なのがニュートロックスサンです。

■フェーンブロック

ニュートロックスサンは比較的日本の製品に多く使用されている成分ですが、フェーンブロックは海外の飲む日焼け止めに多く採用されている成分です。

元々は中央アメリカに生息しているシダ植物から抽出されている成分で、特許も取られています。

フェーンブロックは様々な効果があることが分かっており、大きく分けると4つあります。

免疫の防御、DNAの保護、抗酸化作用、皮膚構造維持などです。

全てが皮膚に関する効果ですので、紫外線から受けたダメージを大幅に軽減することができます。

唯一の注意点として、シダ植物はアレルギー性が高いので、体質的にアレルギーな人は医師に相談してから飲用しましょう。

飲む日焼け止めは副作用はあるの?

飲む日焼け止めはサプリメントなので、錠剤やカプセルを服用することになります。

薬ではありませんが身体の中に入れるので、副作用のことを心配する方も多いのではないでしょうか。

天然由来の成分が多い飲む日焼け止めですが、副作用はあるのでしょうか。

■基本的には副作用の心配はない

飲む日焼け止めですが、症例として副作用が問題になったことはありません。

実際に服用している方がたくさんいる中で副作用の症状が出ていませんので、基本的には副作用の心配をする必要はありません。

飲む日焼け止めの中でも有名なヘオリケアという商品があり、世界各地で販売されています。

小さい子供も服用している飲む日焼け止めですが、ヘオリケアを服用して問題が生じてしまったということはありません。

日本国内においても皮膚科で飲む日焼け止めを勧めることもありますので、安全性は高いと言えます。

■完璧に安全性があるとは言えない

飲む日焼け止めは世界各地で服用されており、問題が生じることはほとんどありませんので、安全性は非常に高いと言えます。

しかし、シダ植物から抽出した成分を使用している製品もあり、確実に安全性が保たれているとは言い切れません。

現実的に副作用として考えられるのが、シダ植物のアレルギーです。

シダ植物はそばやたまごなどと同じように、比較的アレルギーが出やすい植物だと言われています。

アレルギー体質の人がシダ植物から抽出された成分が配合されている飲む日焼け止めを服用すると、アレルギーが出ないとは限りません。

飲む日焼け止めを服用して何かしらの症状が出たときは、皮膚科や内科を受診しましょう。

まとめ

結論から言うと塗るタイプと飲むタイプの日焼け止めを併用することでより効果が期待できます。

体の内側と外側から日焼け対策を行いましょう。

スポンサーリンク

-日焼け
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんの日焼け止めはいつから?なめるのを防ぐには?落とし方は?

赤ちゃんは皮膚がとても敏感です。 スポンサーリンク これからの季節外出することも多くなりますが、赤ちゃんの日焼け止め対策はどうしていますか? 今回は、赤ちゃんが日焼け止めを始める時期と日焼け止めをなめ …

日焼け後のケアを怠るとシミになる?効果的な食事と市販薬をご紹介

いよいよ夏も本番。 スポンサーリンク 楽しい季節がやってきましたが、気になるのが紫外線ですよね。 ちょっと外出して気づいたら日焼けしてた!って方も多いはず。 日焼け後のケアでもシミは防ぐことができます …

日焼け止めのベビーパウダーとチークは塗ってもいいの?塗る順番は?

日差しが強いこの季節。 スポンサーリンク 日焼け止めがかかせません。 ですが、日焼け止めはベタベタしたりこまめな塗りなおしが必要で少し面倒です。 また、日焼け止め後は化粧品が塗れなくなる心配をしている …

日焼け止めを塗るタイミングは?最適な順番と量をご紹介

だんだん日差しが強くなって来る季節がやってきました。 スポンサーリンク 日焼け対策は万全ですか? ここでは、日焼け止めを塗る際のベストなタイミングと塗る順番や適量をご紹介します。 スポンサーリンク 関 …

敏感肌の日焼け止めにノンケミカルはあるの?専用のクレンジングは?

敏感肌の人は肌トラブルを避けたいあまり、肌に余計な物は塗りたくないものです。 しかし、日焼けをしてしまうことで更に肌トラブルを引き起こしてしまうこともありますので敏感肌の人こそ、紫外線が降り注ぐ時期に …