スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

海外旅行

初めての海外旅行でおすすめの場所は?持ち物と旅先で注意する点は?

投稿日:2017年5月15日 更新日:

これからの季節、長期休みがとれ海外旅行を考えている方も多いはず。

今回は、初めて海外旅行に行かれる方におすすめの国と必需品と旅先での注意点をご紹介します。

スポンサーリンク
  

初めての海外旅行でおすすめの場所は?

1.ハワイ

初めての旅行先の人気ナンバー1は何といってもハワイです。

ハワイは英語圏ですが、あちらこちらで日本語も通じますし、現地にたくさんの日本人スタッフがいます。

また、芸能人も多く住んでいるように日本人の居住者もかなり多くいます。

そのため、初めての海外旅行で「英語が通じないけど、大丈夫かな?」「治安は大丈夫かな?」と心配されている方でも安心して行ける旅行先です。

しかも、美しい海とビーチとハワイ独特の南国ムードがあって日常とはかなりかけ離れた特別な時間が過ごせます。

一言でハワイと言っても、繁華街もあって一番よく知られているオアフ島だけでなく、ハワイ島やマウイ島などのまだまだ 自然がいっぱい残っている場所もあります。

旅行日数が取れる方は、オアフ島だけでなくハワイ島やマウイ島も旅行プランに加えてみることをお勧めします。

ただ、日本からのフライト時間は意外と長く8時間かかり夜遅くに飛行機に乗って、朝着く程度の時間がかかります。

2.台湾

日本から台湾へのフライトは成田・関空からの直行便で約2時間半~4時間と近いです。

親日で、物価も安く、美味しいものがたくさん食べられるということで、最近ではハワイに次いでかなり人気のある旅行先です。

ただし、現地では日本語はほとんど通じません。

心配な方は、日本人スタッフなどがいるツアーに参加されるのがベターです。

小籠包やマンゴーのカキ氷など、台湾には魅力的で美味しい料理がたくさんあり、しかも手頃な値段で食べられます。

そして親日のため、日本人に対し親切で、居心地よく過ごせることでしょう。

宮崎アニメの「千と千尋の神隠し」に出てくる「湯屋」の舞台になった場所をはじめとする観光スポットがたくさんあるので、旅行者のリピーターも増えています。

3.グアム

日本からグアムへの直行便は3時間半で行かれる手頃にリゾート気分を味わえる旅行先。

日本の観光客が多いため、日本語もハワイと同じくらい通じやすいです。

海は綺麗で、南国ムードも味わえて、日本から近いため手頃な金額で行けちゃいます。

しかも日本との時差は一時間です。あまり、時間が取れない方におすすめの場所です。

4.タイ

海外旅行は初めてなのだけど、東南アジアの雰囲気を味わってみたいという方にはタイがおすすめです。

日本語は通じませんが、エキゾチックなムードは満点です。

象に乗ったり、首長族に会ったり、本場の安くて美味しいタイ料理を食べたりといろいろな体験ができます。

綺麗な海が見たいという方は、プーケット島やクラビでゆっくり過ごすのがいいでしょう。

5.バリ島

ここも親日で、長年にわたって日本人観光客に人気の旅行先です。

ですが、日本語は通じません。

海が綺麗で格安で素敵なホテルに滞在できるツアーがあります。

綺麗な海とビーチ、リゾート、そしてラグジュアリーな気分になるスパなどバリエーション豊富な旅ができるでしょう。

バリ島も日本語は通じませんが、バリの人達はとても親切で居心地良く過ごせることでしょう。

6.香港

急速に発展しているアジアの活気を感じたいなら香港がおすすめです。

ここも日本語は通じませんが、美味しい中華料理と美しい夜景が楽しめます。

人気アクションスター、ブルースリーの映画シーンに出てくる場所も観光でき、異国情緒がたっぷりと味わえる場所です。

7.韓国

約2時間で行かれるお隣の国です。

反日の国ですが、近年は韓国スターの人気もあって日本人観光客もたくさん訪れているため、そんな嫌な体験をすることはまずないかと思います。

明洞(ミョンドン)という繁華街を中心に活気あるアジアの街が広がっています。

日本語は通じませんが、思い切って交通の便も良い為、電車に乗ってあちこちと出かけて見るのもいいかもしれません。

初めての海外旅行で必要な持ち物は?

初めての海外旅行。持ち物は何を持っていけばいいのかわからないということがありますね。

安心して海外旅行に行かれるように持ち物リストを作ってみました。

◆初めての海外旅行での持ち物リスト

①パスポート⇒最重要です。

これなしでは海外へ行かれませんし、日本への帰国時にも絶対必要ですので、厳重に管理しましょう。

海外の旅先での身分証明書になります。

出発の前にパスポートが有効期限内かをよく確認し、滞在先に行くために必要なパスポートの残存期間が残っているかをしっかりとインターネットなどで確かめておきましょう。

残存期間が足りない場合は再発行するまでに二週間程度かかるため、その場合に備えて、1ヶ月前に確認しておきましょう。

②ビザ(査証)⇒国によっては入国許可証であるビザが必要な場所もあります。

予め、ビザが無くても入国できるのか、ビザが必要なのかを確認しておきましょう。

必要な場合は申請しましょう。

③航空券⇒インターネットで航空券を予約した場合は、 eチケットが必要となるので、必ず2部(1部は予備として)プリントアウトして持って行きましょう。

ツアーで予約された方は送られてきた航空券の引き換えクーポンや旅のしおりなどもお忘れなく。

④海外旅行保険保険証⇒カードに自動付帯している海外旅行保険も使えますが、一応インターネットで海外旅行保険に入っておくことをおすすめします。

旅行先の急な病気やけががあっても海外旅行保険証があれば現地で安心して対応できます。

⑤日本円⇒海外に行く前に日本の銀行で行き先の通貨を日本円から両替しておいてもいいですし、ほとんどの国で空港内の両替所で両替できますので、日本円を入れておく場所を何箇所かに分けて分散して持っていくといいです。

⑥クレジットカード⇒現地での支払いは、基本的に現金で支払います。

しかし、トラブルなどがあって緊急に大金が必要になった場合にはクレジットカードを持っていれば、現金が引き出せますので、念のために持参することをおすすめします。

その際、できるだけ海外旅行保険の付帯しているクレジットカードを持って行きましょう。

スポンサーリンク

⑦財布⇒海外旅行専用に不要なクレジットカードやポイントカードなど抜いて軽めの財布をご用意された方がいいと思います。

⑧旅行用バック⇒滞在日数、宿泊数が多い場合はスーツケースがいいです。

⑨旅行先外出用肩掛けバック⇒絶対に肩からかけられるタイプのものがいいです。

海外では引ったくりに遭うことも想定して目立たない、黒などの地味な色のものにすることをおすすめします。

⑩旅行先のガイドブックや地図⇒旅行前に必要な部分だけをピックアップして持ち歩きしやすくしておきましょう。

⑪携帯電話⇒旅行中必要なアプリをダウンロードしておくと、現地で観光している時や買物時に役立ちます。

GoogleマップやCurrency(現地通貨を使う際に日本円でいくらか?を計算してくれるアプリ)や現地の有名店などを探すためにトリップアドバイザーなどをインストールしておくと大変便利です。

旅先で日本の携帯が使えるか、ローミングサービスが利用できるかも確認しておきましょう。

⑫携帯充電器⇒旅行先で使えない場合が多いため、確認しておく必要があります。

変圧器を用意したほうがいいです。

⑬救急箱⇒急なケガなどに備えて必要最低限のものだけ入れて、コンパクトなタイプのものを持参しましょう。

⑭時計⇒集合時間やフライトの時間など厳守しないといけません。

腕時計を持参し、旅行中の時間管理をしっかりしましょう。

⑮頭痛薬や胃腸薬⇒現地でも買えますが、身体に合わないこともありますので、日頃自分が使っているものを持参するといいです。

このほかにも南国に行く場合には帽子、日焼け止め、蚊除けのスプレーなど、寒い場所へ行く場合には特に厚手の上着や携帯用カイロが必要になりますね。

あとは、ご自身で気づいたものをどんどん書き加えていきましょう。

初めての海外旅行で現地で注意する点は?

①スリや泥棒が狙いたいような服装、高価なものを身につけないこと!

海外では、スリや泥棒が旅行客に良い獲物がいないか目を光らせています。

彼らの眼に留まるような高価な品を持ち歩くことは彼らをおびき寄せることになりますので、服装や持ち物はできるだけ質素にしておくことをおすすめします。

②海外ということを意識して慎重に行動する!

日本は、世界で類を見ない安全な国といわれています。

日本以外の国に行った事がなければ、日本がどれだけ安全で治安の良い国なのか実感としてわかないと思います。

海外では、基本的に「本人の手から離れてしまったものは盗まれても仕方がない」と思われています。

そのくらい、荷物の置き引きや引ったくりに日常的に遭遇します。

大切なもの、特にパスポート、現金、クレジットカード、カメラなどは肌身離さず身につけましょう。

このような貴重品は、肩からかけられる軽めのポーチにまとめて入れておくことが必要です。

間違っても自分の手から離れるような場所においてはいけません。

③夜遅い時間の外出はできるだけ避ける!

海外に行ったら繁華街などで夜中まで遊びまわりたくなる気持ちはあるかと思いますが、あくまで外国に来ていることを忘れずにあまり夜遅い時間まで外にいることは避けた方がいいです。

夜遅い時間まで飲酒をして、帰りにタクシーに乗ったらタクシー運転手に暴行されて所持金やパスポートなどの貴重品全部奪われたという事件も多数起きています。

ハメの外しすぎには注意しましょう。

④できるだけ迷いと隙のない行動を!

初めての海外旅行ということもあって、道などがわからないために困っておろおろすることもあるかもしれませんが、ちょっとした隙が命取りになることもあります。

わからないことがあれば、ツアーデスク等にたずねることができるように、困った時のための緊急連絡先などを書き出しておきましょう。  

⑤他人をむやみに信用しない!

旅行客とわかると、あえて親しげに声をかけてくる人がいると思います。

特に、日本人だとわかると声をかけられます。

全ての人が疑わしいとは言えませんが、初めはまず警戒しておく方がいいと思います。

相手はあなたが気を許してきた頃に突然に豹変して、パスポートや現金などの貴重品を奪おうと思っているかもしれないので、どんなに旅先で声をかけられて親切にされても油断せずにどこかで警戒する気持ちを忘れないでいて下さい。

実際に本当に親切な人もいるかもしれませんが、初めての海外旅行なので、注意深く慎重に行動された方が結果的に良いと思います。

特に相手に気を許して貴重品をはじめとした荷物を持っていかれないよう気をつけてください。

⑥旅行先のこと(旅行時の平均気温など)を調べて着る物を準備すること!

旅行する時期の気温を調べて、どんな衣服を持っていったらよいかを判断し、準備した方がいいです。

温度差が大きいために旅行中に体調を壊す人がいます。

飛行機の中や空港内も空調がきいていて、寒いこともありますので、南国へ行かれる方であっても、体温調節しやすいように上に羽織ることができる物を何枚か持って行きましょう。

⑦旅行先の文化やマナーについても調べておきましょう!

例えば、イスラム教の国の場合、女性が肌をあまりに露出することは良しとされていないため、露出を控えた服装にするほうが無難です。

服装が派手で目立っていたためにトラブルに巻き込まれることもあります。

それから、人差し指で人を指さすことが失礼になる国もあります。

その国のマナーなどは知っておくと旅も楽しくなります。

⑧日本人として見られてることを意識した行動を!

海外での日本人のイメージは「礼儀正しい」「マナーが良い」と思われています。

そのため、逆にイメージダウンにならないように行動することが必要です。

親日の国に行くと、日本人というだけで親切にしてくれたり、優遇してくれたりします。

その際は、礼儀正しい振る舞いをすることでさらに相手の日本人に対するイメージが良くなり、その旅行が楽しくなります。

まとめ

いかがでしたか?

初めての海外旅行で何を体験したいのか?見たいのか?をまずはイメージしてみてから行き先を選ぶといいです。

また、少々慎重すぎるくらいに注意点を書かせて頂きましたが、初めての海外では少々控えめなくらいの行動がちょうど良いかと思います。

結果的に、安全に過ごせて楽しい旅行になると思います。

スポンサーリンク

-海外旅行
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

海外旅行の持ち物で女性にとって便利なアイテムは?化粧品と家電は?

海外旅行は楽しみや期待をもって出かけます。 スポンサーリンク ですが、日本の旅行の気分で海外に行くと日本では簡単に入手できたものが売っていなかったりして、せっかくの旅行が台無しになってしまいます。 こ …