スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

日焼け

日焼け後のケアを怠るとシミになる?効果的な食事と市販薬をご紹介

投稿日:2017年5月22日 更新日:

いよいよ夏も本番。

楽しい季節がやってきましたが、気になるのが紫外線ですよね。

ちょっと外出して気づいたら日焼けしてた!って方も多いはず。

日焼け後のケアでもシミは防ぐことができます。

今回は日焼け後のケアでシミに効果的な食材と市販薬をご紹介します。

スポンサーリンク
  

日焼け後のケアを怠るとシミになる?

どうして紫外線を浴びるとなぜシミができるのでしょうか?

原因がわからなければ対策を考えることもできません。

今日は、紫外線からシミが出来る仕組みをご紹介します。

細胞の中にある核が紫外線にあたると、核の中にあるDNAが破壊されたり変異して、細胞が死んだり皮膚癌を引き起こしたりします。

それを防ぐために、表皮の一番下にある基底層のメラノサイトは、メラニン色素を産生し、それを周囲の細胞に供給することで、傘のような役割をし真皮に紫外線が届かないようにブロックしています。

メラニンは色素細胞の中で、チロシンというアミノ酸から生成されます。

チロシンはチロシナーゼと呼ばれる酸化酵素により、次々と反応・変化しメラニンへと変化していきます。

産生されたメラニンは、本来は通常の表皮のターンオーバーによって角質とともに垢(あか)として排出されます。

紫外線により角化細胞(ケラチノサイト)に異常が起こると、色素細胞に「メラニンを作りなさい」という指令が出続け、過剰にメラニンが作り出されます。

またホルモンは直接色素細胞にメラニンを多く作らせます。

過剰に作り出されたメラニン色素は、ターンオーバーとともに排出しきれずに残ってしまうのです。

これがシミです。

また、加齢に加え、紫外線、ナイロンタオルによる摩擦などの物理的刺激やストレス、ホルモンバランスの乱れなどのよるターンオーバーの乱れも排出出来ない理由の1つでシミの原因になります。

日焼け後のケアでシミに効果的な食事は?

シミ対策には美白コスメなどを使った外側からのケアも重要ですが、食事による内側からのケアも大切です。

体の内側と外側から同時にケアすることで、より美しい肌を実現することができます。

ここでは、シミ対策におすすめの栄養素と食事をご紹介します。

①ビタミンC

ビタミンCは水溶性なので摂取しても体外に排出されやすく、体の中に留めておくことが難しい成分です。

そのため、こまめな摂取で補う必要があります。

ビタミンCはL-システインと一緒に取ることで相乗効果を得ることができるといわれているので、L-システインを豊富に含む、豆乳とはちみつにビタミンCを豊富に含むレモンを入れた特製ドリンクなどがオススメです。

②ビタミンB2

肌の代謝を高め、新陳代謝を正常にする作用がある栄養素です。

代謝を活発にすることでメラニンの排出をサポートしてくれ、シミを薄くする効果が期待できます。

豚レバーや牛レバー、卵や納豆等に多く含まれています。

③L-システイン

新陳代謝を活発にすることで、メラニンの排出を促します。

スポンサーリンク

肉や魚、大豆製品や卵、乳製品には、L-システインの元となるメチオニンが多く含まれています。

④リコピン

紫外線による肌ダメージを修復しメラニンの生成を抑制する効果があります。

トマトやスイカや柿など、赤い色素を含んでいるものに多く含まれ、トマトケチャップにはトマト以上のリコピンが含まれています。

⑤アスタキサンチン

鮭やいくらなどに含まれ、活性酸素を除去し肌の老化を防ぐ働きを持つ栄養素です。

肌ダメージを修復し、メラニンを抑制する作用もあります。

⑥エラグ酸

ザクロやベリー等に含まれるエラグ酸はポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高く、肌細胞の老化を抑制します。

メラニンを抑制する効果もあるので美白効果の高い栄養素です。

日焼け後のケアでシミに効果的な市販薬は?

皆さんは、日焼け後のケアをどのようにしているでしょうか?

紫外線を浴びたあとは、丁寧なケアが必要になります。

ここでは、市販されているお薬を使ってケアする方法をご紹介します。

薬局やドラッグストアには「シミを消す!」などの製品が数多く陳列されていますが、実際にはどんな成分が入っているのでしょうか?

メラニン色素によるシミを改善するために必要なポイントは大きく2点です。

①新たなメラニン色素の生成を防ぐ

②できてしまったメラニン色素を分解する

その為に必要なビタミンCや、肌のターンオーバーに関わるビタミンB、ビタミンEなどが含まれている薬を一定期間飲み続けることで、できてしまったシミを薄くし、新たなシミを防ぐことは十分に期待できます。

併せて、食事からの摂取をおすすめします。

市販薬を選ぶ際には、含まれている栄養素で選ぶと良いです。

主な成分は、ビタミンC、L-システイン、ビタミンB5、ビタミンB2、ビタミンE、ビタミンB6になります。

その中で、どの成分を重視するかで購入する市販薬は変わってきます。

ビタミンCはこまめな摂取が必要なので、薬で1日に数回取るというのは非常に有効的です。

肌トラブルを改善したい場合はL-システインをしっかり摂るとよいでしょう。

また、L-システインは肌だけでなく倦怠感や疲れ、二日酔いを改善する効果もあります。

ニコチン酸アミドは、皮膚や粘膜を正常に保つ効果や血行を促進する働きあり、激しい肉体労働などで体が疲労しているときに不足しやすい成分です。

厳選した美容に良いとされる生薬成分や天然由来の植物のエキスが含んでいる市販薬は、自然に美肌になりたい人におすすめです。

まとめ

日焼けはシミの原因ですのでなるべく事前の対策をしてから外出することがベストです。

ですが、日焼けしてしまってからの対策もシミには効果があります。

将来シミに悩まないように今のうちから予防と対策を万全に行いましょう。

スポンサーリンク

-日焼け
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんの日焼け止めはいつから?なめるのを防ぐには?落とし方は?

赤ちゃんは皮膚がとても敏感です。 スポンサーリンク これからの季節外出することも多くなりますが、赤ちゃんの日焼け止め対策はどうしていますか? 今回は、赤ちゃんが日焼け止めを始める時期と日焼け止めをなめ …

日焼け止めのノンケミカルとは?SPFとは?プチプラの人気商品を紹介

日差しが強くなってくる季節になってきました。 これからの時期に特に気になるのが日焼け。 今回は最近話題の日焼け止めの種類と人気のプチプラ商品をご紹介します。 スポンサーリンク 関連

日焼け止めのベビーパウダーとチークは塗ってもいいの?塗る順番は?

日差しが強いこの季節。 スポンサーリンク 日焼け止めがかかせません。 ですが、日焼け止めはベタベタしたりこまめな塗りなおしが必要で少し面倒です。 また、日焼け止め後は化粧品が塗れなくなる心配をしている …

日焼け止めで男性と女性用の違いは?テカリ対策と上手な落とし方は?

楽しいイベントが目白押しな夏。 スポンサーリンク しかし、同時に気になってくるのが紫外線の存在ではないでしょうか? 女性は紫外線対策として、日焼け止めの商品も数多く販売され使用されている方も多いです。 …

日焼け止めを塗るタイミングは?最適な順番と量をご紹介

だんだん日差しが強くなって来る季節がやってきました。 スポンサーリンク 日焼け対策は万全ですか? ここでは、日焼け止めを塗る際のベストなタイミングと塗る順番や適量をご紹介します。 スポンサーリンク 関 …