スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

日焼け

日焼け止めで男性と女性用の違いは?テカリ対策と上手な落とし方は?

投稿日:2017年5月31日 更新日:

楽しいイベントが目白押しな夏。

しかし、同時に気になってくるのが紫外線の存在ではないでしょうか?

女性は紫外線対策として、日焼け止めの商品も数多く販売され使用されている方も多いです。

ですが、男性に対しての日焼け止めの情報が少なく感じます

今回は、日焼け止めの男性用と女性用の違いとテカリ対策と上手な落とし方をご紹介します。

スポンサーリンク
  

日焼け止めで男性用と女性用の違いは?

①日焼け止めに男女差はあるの?

夏になると、薬局などでは日焼け止めの販売スペースが設置されます。

初めて日焼け止めを購入しようと考えている人にとって、数ある商品の中からたった一つのものを選ぶのは簡単ではありません。

また、男女とも同じものを使用していいのかも気になるところです。

ハッキリ言ってしまえば、男性が女性用の日焼け止めを使用しても、問題はありません。

しかし、ここで知っておいた方が良い事があります。

それが、女性用の日焼け止めは女性が使用する事を前提に作られているという点です。

女性の方は化粧をします。

その為、女性用の日焼け止めを塗ると肌が白くなりやすくなります。

また女性用の日焼け止めを落とす際には、普通の洗顔では落ち切らない事があるという点も男性にとっては注意が必要です。

②男性と女性の肌の違いを知る

女性用の日焼け止めを使用しても問題はないのですが、やはり肌にも男女の違いがあるので、男性用の日焼け止めを使用した方がいいでしょう。

男性は女性に比べて皮脂量が多いので、日焼け止めの効果を持続させるのが難しくなっています

男性用の日焼け止めは、その点を考慮して作られているので安心です。

また女性に比べて汗をかきやすいので、汗で日焼け止めが落ちないようにも考えられています。

その為しっかりと対策しておきたいと考えるならば、やはり男性用の日焼け止めを使用した方がいいでしょう。

まだまだ女性用に比べて種類は少ないかもしれませんが、自分に合った日焼け止めを探して使用する事をお勧めします。

男の日焼け止めでテカリを防ぐには?

日頃から日焼け止めを使用する事によって、日焼け対策を行っている人も多いと思いますが、気になるのが日焼け止めを使用した際のテカリです。

今回は、そんなテカリ対策について紹介させていただきます。

①乳液タイプをこまめに塗る

1つ目の方法は乳液タイプの日焼け止めを使用するというものです。

乳液タイプの日焼け止めはサラッとしていて伸びがいいという特徴があります。

日焼け止めを一気に多く塗ると、ギトギトしてしまいます。

それを防ぐには、一気に塗るのではなく、こまめに塗りなおす事が大切になります。

そもそも、日焼け止めの使用方法を確認すると数時間おきに塗りなおすように記されています。

スポンサーリンク

日焼け止めは、一度にたくさん塗るのではなくこまめに塗りなおすようにする。

これが、テカリを抑える一つの方法なのです。

②ティッシュを使用してテカリを抑える

2つ目の方法はティッシュを使用する方法です。

テカリが気になる部分をティッシュで軽く押さえます。

ここで大切なのが、ゴシゴシと拭き取るようにしないという事です。

気になる部分をティッシュで軽く押さえるだけにしてください。

それだけでも、十分にテカリが気にならなくなります。

③パウダーでテカリ対策!

3つ目のテカリ対策は、ベビーパウダーを使用してテカリを抑える方法です。

気になる部分をパウダーで軽くはたいてください。

これによって、テカリが目立たなくなります。

以上の3つの方法で日焼け止めのテカリは解消できます。

男の日焼け止め使用後の上手な落とし方は?

夏には欠かせないアイテムでもある日焼け止めですが、日焼け止めの正しい落とし方をご存知ですか?

今回は、知っておきたい「日焼け止めの正しい落とし方」について説明させていただきます。

①クレンジングは必要?

女性には馴染みがあるクレンジングですが、多くの男性にとっては聞いた事はあってもよく分からないと方が多いと思います。

クレンジングとは、化粧を落とすために用いる化粧品のことです。

メイクなどによって発生する脂汚れや角栓、黒ずみを取り除くために使用します。

日焼け止めの中には、このクレンジングが必要なものもあるのです。

それを知らないまま水で顔を洗うだけという人も多いようですが、それは正しいやり方ではありません。

中には、クレンジング不要と記載されている日焼け止めもあるので、ご自分が使用している日焼け止めを確認する必要があります。

②水洗いだけで終わっていませんか?

日焼け止めには、様々な種類が存在します。

中には、水洗いだけでOKと記載されているものもあるでしょう。

しかし、このように水洗いだけでOKと記載されていない商品の場合には、水洗いだけでは落ちません。

この点を注意して日焼け止めを落とさなければいけません。

③日焼け止めの使用方法と落とし方をしっかりと確認する

日焼け止めには、落とし方も記載されています。

水洗顔だけで大丈夫なのか?

石鹸などを使用して洗顔する必要があるのか?

クレンジングが必要なのか?

ご自分が使用している日焼け止めの落とし方を理解して、正しく使用する事が大切になってきます。

まとめ

今は男性も女性同様、肌に対して敏感な方が増えています。

正しい紫外線対策として上手な男性用日焼け止めを使って、日焼けやシミ・しわ、皮膚がん等を予防しましょう。

スポンサーリンク

-日焼け
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

赤ちゃんの日焼け止めはいつから?なめるのを防ぐには?落とし方は?

赤ちゃんは皮膚がとても敏感です。 スポンサーリンク これからの季節外出することも多くなりますが、赤ちゃんの日焼け止め対策はどうしていますか? 今回は、赤ちゃんが日焼け止めを始める時期と日焼け止めをなめ …

日焼け止めを塗るタイミングは?最適な順番と量をご紹介

だんだん日差しが強くなって来る季節がやってきました。 スポンサーリンク 日焼け対策は万全ですか? ここでは、日焼け止めを塗る際のベストなタイミングと塗る順番や適量をご紹介します。 スポンサーリンク 関 …

日焼け止めのベビーパウダーとチークは塗ってもいいの?塗る順番は?

日差しが強いこの季節。 スポンサーリンク 日焼け止めがかかせません。 ですが、日焼け止めはベタベタしたりこまめな塗りなおしが必要で少し面倒です。 また、日焼け止め後は化粧品が塗れなくなる心配をしている …

敏感肌の日焼け止めにノンケミカルはあるの?専用のクレンジングは?

敏感肌の人は肌トラブルを避けたいあまり、肌に余計な物は塗りたくないものです。 しかし、日焼けをしてしまうことで更に肌トラブルを引き起こしてしまうこともありますので敏感肌の人こそ、紫外線が降り注ぐ時期に …

飲む日焼け止めは本当に効果はあるの?成分と副作用についてご紹介

最近、日焼け止めの種類で飲むタイプの日焼け止めが販売されています。 スポンサーリンク 一体通常の塗るタイプの日焼け止めと何が違うのでしょうか? 今回は飲む日焼け止めの効果と成分と副作用についてご紹介し …