スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

台風

台風接近中の通勤で前日の準備は?当日の服装は?徒歩での注意点は?

投稿日:2017年6月27日 更新日:

最近の台風は日本に上陸する事が多くなってきています。

学生は学校が休校などになることもありますが、会社勤めの方は中々休むことはできません。

出勤当日、自分の中では大した事ではないと思って、いざ外に出てみると突風で傘が壊れたり、交通機関がマヒしてダイヤが乱れていたりして結局会社に遅刻してしまったことはありませんか?

ここでは、台風接近中の前日に準備しておく事と当日の服装と徒歩での通勤時の注意点をご紹介します。

スポンサーリンク
  

台風接近中の通勤で前日に準備しておくことは?

台風は風と雨を伴い非常に危険なものです。

都会であっても台風が接近する危険性は高く、事前に準備して対策を講じることが重要です。

前日に準備しなければならないことについて、詳しくご説明します。

■ハザードマップ

台風が接近すると、洪水の恐れがありますので、一時でも早く批判することが重要です。

特に海や川に面している地域に住んでいる人にとっては、もっとも重要な要素なります。

ハザードマップにおける避難場所は学校などの公共な場所に設定されていることが多く、避難経路も明確に設定されています。

市役所や区役所、役場などでハザードマップは配布されていますので、まずは手にしてシミュレーションを行いましょう。

■非常食

台風が接近してライフラインが止まってしまうと、食料の供給を行うことができません。

そのような時のために、缶詰を中心として保存食や非常食を常備する必要があります。

人が生存するためには水が重要なので、非常食として水を常備するようにしましょう。

■自宅の備え

台風は風や雨を伴うものなので、備えが不十分だと屋根や窓、壁にダメージを負ってしまうことがあります。

規模によっても違いますが、台風が強い時は事前にしっかりと備えを行う必要があります。

近隣に側溝や排水口がある時は、水はけに注意することも重要です。

■近隣住民とのコミュニケーション

台風など実害を伴う際には、リアルな情報収集が大切です。

そのためには、近隣住民と連携して避難の相談や対策を講じる必要があります。

いざという時には連携できるように、近隣住民とコミュニケーションを取ることが大切です。

台風接近中に通勤する際の服装は?

台風が接近すると、暴風警報が発令されると学校は休校になります。

これが仕事になると、台風が接近しても通勤せざるを得ない時があり、自宅待機する訳にもいかず出勤しなければならない時があります。

このような時に迷ってしまうのが、どのような服装で出勤すればよいかということです。

台風が接近している時に、通勤する際の服装についてご説明します。

■スーツ着用の通勤について

仕事柄によって違いますが、営業を中心としてスーツ着用が義務づけられてことは多々あります。

スーツを着用する必要がある時には、レインコートを活用するようにしましょう。

レインコートなら、自転車やバイク通勤であっても問題ありませんので、そのまま通勤することができます。

電車通勤でレインコートを利用する時は、電車内が濡れてはいけませんので、一定の配慮が必要です。

スポンサーリンク

レインコートのカラーリングは多種多様なものが販売されていますので、スノーウェアのような感覚で着用することも可能です。

■私服での通勤について

スーツを着用することなく、私服で通勤することができる場合は、カットソーとニットを合わせたコーディネとがよいでしょう。

台風は基本的に傘で対応することが難しいので、通勤となるとカッパが基本になります。

現在では上下同一のカッパではなく、上下違うカッパがスタンダードになっていますので、コーディネートに合わせたカッパを着用することが可能です。


■使いやすいレインコート

傘やカッパでは使いにくいと思った時は、レインコートを活用するとよいでしょう。

レインコートの丈は男性でも膝辺りまでありますので、十分雨を避けることができます。

レインコートの最大のメリットは、私服でもスーツでも活用することができることですので、一着は持っておきたいものです。

台風接近中に通勤する際の徒歩での注意点は?

台風になってしまっても、学校とは違い出勤しなければならない時は多々あります。

そのような時は、台風に関する事故に遭遇してしまわないように、気をつけなければなりません。

台風接近中に気をつけなければならないことは何か、徒歩で通勤する際の注意点はどのようなことかについて詳しくご説明します。

■基本はレインコート

台風が近づいてしまうと、最も警戒しなければならないのは風です。

風が強くなると、持っている傘が吹き飛ばされてしまうことも考えられます。

台風が近づいている時は、傘がハンデにならないように、レインコートを着用するのが基本です。

レインコートを着用することによって、私服の通勤でもスーツの通勤でも、問題なく雨を避けることが可能です。

台風の接近に際にしては、基本的にはレインコートを着用するとよいでしょう。

■川沿いや海沿いは避ける

台風で危険が伴うのは、川や海の氾濫です。

特に川沿いは氾濫しやすく、むやみに川沿いを歩いてしまうと、溢れ出した時に災害に巻き込まれてしまうことがあります。

台風が起こった時は、川や海のように水を伴う場所はできるだけ避けるようにしましょう。

■会社への確認を怠らない

い学校の場合は、暴風警報が出ると休みになるように、明確な基準が存在します。

会社の場合は基準が明確ではないので、事前に確認することが大切です。

出社しても自分1人だったという可能性もありますので、会社や同僚に一度連絡するとよいでしょう。

特に外で勤務する仕事は休みになることが多いので、しっかりと確認することが大切です。

■公共交通機関を確認する

仮に自社が出勤しなければならないという場合でも、公共交通機関が動いていないことがあります。

そうなると、出勤方法も考えなければなりません。

出社する際には、しっかりと公共交通機関の動きも確認しましょう。

まとめ

台風の特徴は毎回違いますので、事前に台風の特徴を確認しておくことが必要です。

雨量が多い台風なのか、風が強い台風などかを知ることでも事前の準備や対策が全く違ってきます。

怪我がなく無事に出社できるよう上記の注意点を参考にされてください。

スポンサーリンク

-台風
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

関連記事はありませんでした