スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

幼児

a型ベビーカーは生後何か月から使用できる?選び方は?人気商品は?

投稿日:2017年6月24日 更新日:

初めてのベビーカー選びは悩み事ばかりですよね。

種類も豊富なベビーカーの中から、今回はA型ベビーカーの乗り始めについてみてきたいと思います。

今回はa型ベビーカーは生後何か月から使用できるか?選び方のポイントは?今、人気の商品をご紹介します。

スポンサーリンク
  

a型ベビーカーは何か月から使用できる?

初めてのベビーカー選びは悩み事ばかりですよね。

種類も豊富なベビーカーの中から、今回はa型ベビーカーの乗り始めについてみてきたいと思います。

現在、ベビーカーにはa型とb型があり、a型は生後28日から使用可能です。

つまり、新生児にベビーカーを使い始められるのは、生後約1ヶ月からということになります。

1ヶ月検診にベビーカーで来る赤ちゃんもいますよ。

a型はリクライニングで快適に寝られるよう、クッション性のあるシートを使用していたり、地面からの高さにこだわっていたり、安定性が非常に高い設計になっているのが特徴で、生後1ヶ月のまだ体の柔らかい新生児でも使用可能です。

生後7ヶ月くらいにはB型のベビーカーに乗れるようになりますが、もちろんB型に買い換えず、a型のみで済ませることも可能です。

また、a型を買わずに生後7ヶ月まではベビーカーを使用せず、b型から使用し始めることもできます。

ベビーカーは、主にママやパパの生活スタイルをベースに選ぶことがほとんどです。

乗せ始める時期も様々ですが、赤ちゃんの成長に合わせて安全に乗ることができるタイプのものを選んであげるようにしましょう。

最近は、揺れる振動を軽減するためのクッションや、ゆったり寝たり座ったりできる幅広タイムなど、様々な工夫がされているものが多くあります。

カラフルなもの、3輪タイプのものなど様々で、好みに合わせて選べる分、選ぶのが大変と思うこともあるかもしれませんね。

パパが使うことも多い場合は、夫婦で話し合って、使いやすいものを選ぶようにしましょう。

スポンサーリンク

a型ベビーカーの選び方は?

子どもを授かった時、嬉しさからベビーカーに赤ちゃんを乗せて散歩する姿を想像しませんでしたか?

そのベビーカーも最近は色々な種類があり選ぶのに困ってしまうこともあります。

今回は、a型ベビーカーを選ぶ際のポイントを見ていきたいと思います。


◆軽さ

主な移動手段が電車の場合やエレベーターがない住宅に住んでいる、または産後の体の負担などを考えた場合、一人で持ち運びができる軽量なベビーカーがママたちに人気です。

◆購入相場

一般的に5~6万円のベビーカーを購入するご家庭が多いようですが、1万円~5万円までのベビーカーを購入してるご家庭も非常に多いです。

型落ちの商品も性能的には高いものが多いので、安心して使えます。

赤ちゃんとベビーカーの相性というのもあります。

乗り心地が気に入らずベビーカーで泣きっぱなしということもよくあることですので、そんな万が一も考え、購入金額を決めるのも賢い方法だと思います。

◆機能

各社、様々な機能のベビーカーを販売しています。

中でもママたちは、スムーズな動きを可能にする小回りの利く車輪、無段階リクライニング、片手で折りたためる、椅子の下の荷物入れの大きさ、日よけ対策、対面・背面どちらも可能であることなどにポイントを置いているようです。

ベビーカー選びは、そのご家庭の生活スタイルによって変わってきます。

どんなところに住んでいてどんなところで使うのか、そんなことを考えながらママにとっての必要機能を見極め、安全に長く使えるベビーカーを選ぶようにしましょう。

a型ベビーカーの人気商品は?

年々、性能の上がるベビーカー。

豊富なラインナップから選ぶのも一苦労ですよね。

今回は、数多くあるベビーカーの中から、いくつかをご紹介します。

■コンビ ホワイトレーベル メチャカル ハンディ オート4キャス compact エッグショック HG

このメチャカルシリーズはネーミングの通り、とにかく軽い!最軽量は4.7㎏、ママ一人でも軽々持つことができます。

座面や頭部に衝撃吸収素材エッグショックが使用されており、デリケートな頭部もしっかりと守るので、安心してお出かけできます。

対面・背面のハンドル切替に連動し、進行方向に対して、前輪のキャスター(軸部)が自動で回転するので、押す時も曲がる時も軽々。

■アップリカ ラクーナ コンフォート

赤ちゃんならではの動きを妨げないコンフォートシート採用。

マルチショックレス構造で振動を吸収し快適な乗り心地を実現しました。

また、54㎝のハイシートで赤ちゃんを暑さから守ります。

対面・背面ともに常に押しやすいオート4輪で、ママも楽々。

ワンタッチ開閉&安定自立も魅力です。

■ピジョン Runfee RA7(ランフィ RA7)

押しやすい大径16.5cmタイヤは段差も楽に乗り越えられ、そのハンドル操作のしやすさも魅力の一つ。

前後から出し入れ可能の荷物入れもママには嬉しいポイントです。

スイング式サスペンションやタイヤの中空構造でクッション性を高め、赤ちゃんへの衝撃を抑えています。

また、パンクの心配もありません。

まとめ

ベビーカーにもメーカーごとにそれぞれ魅力的なポイントがありますので、生活スタイルを考慮しご家族をと相談して素敵な1台を選んでください。

スポンサーリンク

-幼児
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ベビーカーのバギータイプは何か月から使える?選び方と人気商品は?

初めての出産には準備物が多く、下調べをしっかりしておかないと買い物に失敗することもあります。 ベビーカーのバギータイプは何か月から使えるのか?選び方のポイントと今人気の商品を数点ご紹介します。 スポン …

b型ベビーカーは生後何か月から使用できる?選び方は?人気商品は?

ベビーカーにはa型とb型があり、それぞれ役割や機能が違います。 ご家庭の生活スタイルや用途に合ったものを購入したいものです。 今回は、b型ベビーカーは生後何か月から使用できるのか?選び方のポイントは? …

赤ちゃんの虫除け対策で安全な予防法は?屋内と屋外別に対策をご紹介

これから夏にむけて気を付けなければいけないことは虫刺されです。 スポンサーリンク 特に赤ちゃんは喋れない上、かゆみを我慢することができません。 できるだけ、快適な夏を過ごせるように赤ちゃんの虫除け対策 …

幼稚園の夏休みで預かり保育の有無の違いと料金と預けれない場合は?

預かり保育といえば、保育園のイメージする方がほとんどだと思います。 スポンサーリンク では、なぜ幼稚園では預かり保育が少ないのでしょうか? ここでは、幼稚園と保育園の預かり保育の現状と料金及び預かり保 …

保育園と幼稚園は何が違うの?かかる費用は?いつから入園できるの?

幼児が通う場所として、保育園や幼稚園、また認定子ども園など様々な形態があります。 スポンサーリンク 一体何が違うのでしょうか? ここでは今更聞けない保育園と幼稚園の違いとそれぞれにかかる費用やいつから …