スカッと解消情報局

悩み事やお困りごとをスッキリお答えいたします ◆SRC ウエルスアンバサダー資格保有◆

幼児

ベビーカーのバギータイプは何か月から使える?選び方と人気商品は?

投稿日:

初めての出産には準備物が多く、下調べをしっかりしておかないと買い物に失敗することもあります。

ベビーカーのバギータイプは何か月から使えるのか?選び方のポイントと今人気の商品を数点ご紹介します。

スポンサーリンク
  

ベビーカーのバギータイプは何か月から使用できる?

今回は、ベビーカーのバギータイプの使用開始時期等を見ていきたいと思います。

多くのバギーがB型ベビーカーと同じく生後7カ月から使用可能です。

B型ベビーカーはリクライニング機能があるものもありますが、バギーの場合は簡易的な構造の為リクライニングはありません。

そのため生後7カ月から使用可能と言えども、7カ月の段階でまだ腰がしっかりすわっていないようならまだやめましょう。

「いつから使用できるか」という点にこだわりすぎず、使用はもう少し先まで待っておいた方がいいかもしれませんね。

バギータイプのベビーカーは軽くてコンパクトで小回りが利き、しかも価格も安いのでいいことづくめですが、その分作りはとってもシンプルです。

乗り心地にこだわったA型、B型ベビーカーと比べるとバギーはその点はやや劣るかもしれません。

そのため普段は車やB型ベビーカーを使用し、電車などの公共交通機関を利用する時用に利用するなど、補助的なセカンドカーとして利用する場合が多いようです。

バギータイプのベビーカーはいつまで使用可能かと言うと、36ヶ月頃までです。

バギータイプは他のベビーカーに比べ簡易的なものが多いので普段使いではなく補助的に利用するご家庭が多いようです。

あるいはお子様が1歳~2歳で歩くことができるものの、途中で歩くことに疲れてしまった時にも持っておくと便利です。

ショルダーストラップがついているものも多いので、さっと持ち運びができるというバギーのメリットを生かせるシーンで上手に利用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

ベビーカーのバギータイプの選び方は?

子どもの腰が座ると、軽くて持ち運びに便利なバギーの購入を検討するご家庭も多いのではないでしょうか?

今回は、バギー選びのポイントを見ていきたいと思います。

バギータイプのベビーカーは非常に軽量です。

軽いものでは2.8kgとかなり軽く、たたんでも非常にコンパクトで邪魔にならずスペースをとりません。

予備として車に乗せておいても便利です。

3輪タイプと4輪タイプが発売されていて、でタイヤに空気を入れるタイプなので衝撃もしっかり吸収してくれて、ベビーカーの中では一番小周りが効くタイプになります。

押し心地もスムーズで背の高いママやパパでも押しやすいのが特徴です。

バギータイプでも一番重用する点は赤ちゃんの安全性です。

フレームがしっかりしている、5点ベルト等、転倒時等も考えて購入する事が重要です。

また、折りたたんだ時に、自立するかどうかも大切なポイントです。

電車内やマンションの玄関等、自立するバギーであれば置き場所にも困りません。

座面下の荷物入れも大きい方が便利です。

バギーは軽量なので、買い物袋などをハンドルにかけると、操作が不安定になり転倒の恐れがありますので、赤ちゃんの安全の為にも荷物の掛け過ぎには注意し、荷物入れを使用したいですね。

バギーのメリットとして”軽くてコンパクト”というのが一番の特徴ですが、残念ながら長時間の使用に向いていないというデメリットもあります。

ご家庭の使用用途や頻度を考慮し、購入を検討してください。

中には、3歳頃まで使用可能というタイプもあるので、長く使えるタイプのバギーが1台あればとても便利ですね。

ベビーカーのバギータイプの人気商品は?

軽量でコンパクトなバギー。1台あると、お出かけなどに大変便利ですね。

値段も機能も様々なバギーですが、今回は、各社の人気商品をいくつかご紹介します。

◆エンドー COOL KIDS

アルミフレームを使っているので剛性が高く変形しにくく、超軽量の2.85kgで持ち運びもラクラクのベビーバギーです。COOL KIDSは、Ⅱ、Xとリニューアルし、Xでは別売りの幌を組み合わせることでオリジナルのバギーが作れるシンプルだけどおしゃれなベビーバギーです。

◆Jeep  スポーツ スタンダード

大きなタイヤは3Dソフトサスペンション付きで、路面の振動を吸収して滑らかでフラつきがなく、段差にも強く安心です。自立スタンド付きで収納もコンパクトにでき、ショルダーが付いているので持ち運びにも便利です。

◆JTC ベビーバギー MA-G

セーフティーガード付きで小さな赤ちゃんにも安心です。3歳頃まで使用できるタイプで、必要に応じてセーフティーガードは取り外す事ができます。指挟み軽減対応ヒンジ採用で、折りたたみ固定時も安心です。

◆Goodbaby ポキットプラス(POCKIT+)

とても小さく折り畳むことができます。二段折り畳み収納でサッとたたみたいときのコンパクト収納と更に小さく最小コンパクト収納ができ、自転車のかごに入れてのお出かけも可能です。飛行機の機内持ち込みサイズなので旅行にも便利です。

まとめ

最近のベビーカーは一つひとつに特徴があり赤ちゃん一人ひとりにあった多様な機能や種類が販売されています。

色々な店舗をみて、ご自分の赤ちゃんとお母さんにピッタリのベビーカーを見つけてください。

スポンサーリンク

-幼児
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

幼稚園の夏休みで預かり保育の有無の違いと料金と預けれない場合は?

預かり保育といえば、保育園のイメージする方がほとんどだと思います。 スポンサーリンク では、なぜ幼稚園では預かり保育が少ないのでしょうか? ここでは、幼稚園と保育園の預かり保育の現状と料金及び預かり保 …

赤ちゃんの虫除け対策で安全な予防法は?屋内と屋外別に対策をご紹介

これから夏にむけて気を付けなければいけないことは虫刺されです。 スポンサーリンク 特に赤ちゃんは喋れない上、かゆみを我慢することができません。 できるだけ、快適な夏を過ごせるように赤ちゃんの虫除け対策 …

ベビーカーの種類の違いは?赤ちゃんにあった選び方は?人気の店舗は?

最近のベビーカーは全て同じ形状ではなく、微妙に種類が違います。 赤ちゃんは繊細ですので、相性のよいベビーカーを使用することが大切です。 ここでは、ベビーカーの種類の違いと赤ちゃんにあった選び方と豊富な …

保育園と幼稚園は何が違うの?かかる費用は?いつから入園できるの?

幼児が通う場所として、保育園や幼稚園、また認定子ども園など様々な形態があります。 スポンサーリンク 一体何が違うのでしょうか? ここでは今更聞けない保育園と幼稚園の違いとそれぞれにかかる費用やいつから …

b型ベビーカーは生後何か月から使用できる?選び方は?人気商品は?

ベビーカーにはa型とb型があり、それぞれ役割や機能が違います。 ご家庭の生活スタイルや用途に合ったものを購入したいものです。 今回は、b型ベビーカーは生後何か月から使用できるのか?選び方のポイントは? …